倉本美津留の「縁起のエエ話し」

倉本美津留

われわれ人間は「人の間」と書く字のごとく、
人と人の間の関係性で成り立っている生き物です。
「間」のことがあって「人」という獣は初めて「人間」になりました。
だから人間にとってなによりも大切なことは「縁」だと言えます。

人と人とをつなぐもの、それが「縁」。
生きている間に「良い縁」といかに巡り会うことができるかが、
人生のすべてだと言っても過言ではないでしょう。

それどころか「袖ふれあうも他生の縁」という言葉からすると、
この人生のみならず、他の人生(前世)からの縁も含めてということになります。

そこで「縁起」です。「縁」を「起こす」と書いて「縁起」。
埋まっている良い縁を掘り起こし、増やして行くという作業、
それが縁起という言葉じゃないかと思うんです。

そして良い縁を積極的に増やして行くために使用する道具が
「縁起のいいもの=縁起物」だと。神の国ニッポン。

古来から数多くの縁起物の発見がありました。
日本全国津々浦々様々な縁起物が誕生しました。

縁を起こし運を開く道具「縁起物」。
良い道具と出会って上手に使って幸運していきたいものです。

 倉本美津留

 

倉本美津留
1959年広島生まれ。放送作家、ミュージシャン。
「ダウンタウンDX」Eテレのこども番組「シャキーン!」などを手がける。
これまでの仕事に「ダウンタウンのごっつええ感じ」「M-1グランプリ」
「伊東家の食卓」「たけしの万物創世記」「HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP」他。
「一人ごっつ」では大仏として声の出演も。
近著にことば絵本「明日のカルタ」(日本図書センター)、「ビートル頭」(主婦の友社)。


縁起達磨

展覧会「縁 -A Sign of Luck-」を開催します

2015年1月10日(土)の縁起門のグランドオープンを 記念して縁起門初の展覧会、「縁 –A Sign of  >> 続きを読む

縁起門×高橋理子×山中象堂コラボレーション始動

縁起門×高橋理子×山中象堂コラボレーション始動

こんぴら船々 追い手に 帆かけて シュラシュシュシュ~で お馴染みの香川県の金毘羅宮の麓にある山中象堂に高橋理 >> 続きを読む

縁起門|インタビュー:鈴木啓太さん

富士山グラス開発ストーリー(デザイナー鈴木啓太さん)

●使い手のアイデアで、面白さが広がっていく。 『日本の新しいおみやげ』というテーマのもと東京ミッドタウンが主催 >> 続きを読む

父は作務衣で床に座って仕事する。

ゼロ転び、起きっぱなしの達磨

「こんぴらさん」の名で親しまれる金毘羅宮。 香川県仲多度郡琴平町にある、象のあたまの形をしたその名も象頭山の中 >> 続きを読む

縁起門:山中象堂× 倉本美津留

POPだるま誕生!

このコラムは、前回(ゼロ転び、起きっぱなしの達磨)に引き続き、山中象堂さんの取材コラムをお届けします。   ー >> 続きを読む

倉本美津留

倉本美津留の「縁起のエエ話し」

われわれ人間は「人の間」と書く字のごとく、 人と人の間の関係性で成り立っている生き物です。 「間」のことがあっ >> 続きを読む

縁起門:TAMANOHADAインタビュー

鯛石鹸が出来るまで(TAMANOHADA)

和菓子の木型から生まれた、めでたい“鯛ソープ”の秘密。   明治時代半ばの1892年に創業(!)という長い歴史 >> 続きを読む