ころばない達磨

縁起達磨

縁起達磨は縁起門とアーティスト高橋理子の共同企画作品で、
高橋理子がつなぐ日本各地の職人たちの手仕事が生み出した縁起物です。

縁起達磨

縁起達磨(右から漆・金・銀)

 

【”七転び八起き”ならぬ”ゼロ転び”の達磨】

生地となる達磨は、海の守り神として知られる香川県金刀比羅宮の麓に
伝統工芸として伝わる讃岐一刀彫り総本家、山中象堂のオリジナル製品
ヘタリ達磨です。

縁起門:山中象堂× 倉本美津留

朱ヘタリ達磨 ©山中象堂

元来、達磨は中国の禅宗の祖、達磨大使をモチーフにした縁起物で、
達磨大使が9年間洞窟の中で手足が腐っても座禅を組み続けたという
伝説から、不屈の精神の象徴として日本で親しまれてきました。
一般的な達磨は丸い形をして七転び八起きの起き上がり小法師の形を
していますがヘタリ達磨は足をくずして座っています。

どっしりと安定した姿は「板子一枚下は地獄」と 転覆を恐れる
地元の漁師や船員などの海事関係者から「七転び八起き」ではなく
「ゼロ転び起きっぱなし」の達磨として親しまれてきました。

ヘタリ達磨の素材となる木は寿命の長いもので1000年以上生きるという
クスノキの大地のエネルギーの詰まった一番玉(土から出ている
幹の一番下の部分)のみを使用しています。
その一番玉をノミの刀痕を美しく残した讃岐一刀彫りによって、
睨みを利かせどっしりと座る「ころばない達磨」の姿に仕上げられます。

縁起達磨

キャプション:ヘタリ達磨を叩きノミ彫る三代目山中象堂

 

【ころばない達磨が艶やかな会津塗りをまとう】

讃岐一刀彫りで彫られた作品は、福島県の会津塗りの職人の手に渡り
伝統技法である花塗りを施されます。
面の数の多いヘタリ達磨は、ハケの跡やムラなく塗り上げる事が
非常に難しく高度な技術を要します。

縁起達磨

宮内庁や官庁に作品を納める職人によって花塗りが施される

生地の達磨に漆を染み込ませる木固め、錆漆(さびうるし)を下地に塗る
地錆(ぢさび)等、7回以上の塗りの工程に加え、途中凹凸を無くすための
研磨を何度も繰り返し、最終的に上塗りを行いムラなくツヤのある
仕上がりとなります。

縁起達磨

上塗りの様子

こうして印象的な讃岐一刀彫りのヘタリ達磨に、漆特有の厳かで品格のある
美しい光沢を身にまとった縁起達磨(漆)の塗りが完成します。

縁起達磨の金・銀の作品は、花塗りを施した後に宮内庁や官庁に
多くの作品を納める蒔絵師の手に渡り金粉・銀粉をそれぞれに
蒔き付けられます。

縁起達磨

縁起達磨 漆を薄く塗った後に軽く拭き取り綿で銀粉を蒔く。

一つ一つの面に漆を塗り軽く拭き取り、乾かないうちに銀粉を蒔き
定着させる技法で仕上げられます。

縁起達磨

ホコリやチリ一つでムラが出来てしまうため注意しながら蒔き付ける。

 

【縁起のよい八角形の座布団に鎮座する】

金・銀・漆を施された縁起達磨は、高橋理子によってデザインされた
ドットを施した縁起の良い八角形の座布団に鎮座します。
八角形の座布団は京都の高級絹繊維の丹後ちりめんを使用。ドットの柄は
新潟県の十日町で染色を行い、東京都墨田区の座布団職人によって綿入れされ
丁寧に仕上げられます。

縁起達磨

丹後ちりめんを新潟県十日町で染色を行う。

末広がりの八角形の角に付けられた房には厄除けの意味があり、
そこに鎮座する縁起達磨を外から邪気が入り込まないように守っています。

縁起達磨

縁起達磨(金)©ENGIMON


 
縁起達磨

縁起達磨(銀)©ENGIMON


 
縁起達磨

縁起達磨(漆)©ENGIMON


 


 

【ご購入関するご注意】<受注生産>

こちらの商品は全てご注文後に制作となります。
オンラインショップでの購入確認後、6ヶ月程制作にお時間をいただきまして発送となります(海外への発送は7ヶ月程掛かります)。
予めご了承ください。

■ 縁起達磨(金)

縁起達磨(金)

販売価格:1,080,000円(税込)

■ 縁起達磨(銀)

縁起達磨(銀)

販売価格:864,000円(税込)

■ 縁起達磨(漆)

縁起達磨(漆)

販売価格:540,000円(税込)


 

関連記事:山中象堂インタビュー:ゼロ転び、起きっぱなしの達磨

 


縁起達磨

ころばない達磨

縁起達磨は縁起門とアーティスト高橋理子の共同企画作品で、 高橋理子がつなぐ日本各地の職人たちの手仕事が生み出し >> 続きを読む

縁起物のうつわ

縁起物のうつわ

小さな幸運を届けましょう。 日本には縁起のいい言葉や組み合わせというのがいくつかあります。   夢に見ると縁起 >> 続きを読む

RED&WHITE 槌目2個入

RED & WHITE

熱い“紅白”の杯。 紅勝て!白勝て! と応援合戦を繰り広げる年末の歌合戦しかり、 学校で行われる運動会しかり、 >> 続きを読む

サクラサクグラス

サクラサクグラス

日本の春に不可欠な桜。 日本人の心象風景になくてはならない桜。 卒業式やお花見など、思い出に残る春先の行事とは >> 続きを読む

富士山グラス

富士山グラス

霊験あらたかな富士のグラス。 長年の悲願となる世界文化遺産に登録され、 ますます有り難さの増した感がある富士山 >> 続きを読む

朱ヘタリ達磨

ヘタリ達磨

どっしりと、家を守る。 そもそも達磨さんとは、誰か。 仏教の禅宗を開祖したありがたいお坊さんで、 壁に向かって >> 続きを読む

ウェルカムソープ

縁起のいい魚 名前が「めでたい」に通じることから、縁起のいい魚とされる鯛。 尾頭つきの鯛は、祝いの席には欠かせ >> 続きを読む

風鈴

風鈴

魔除けの鈴の音。 昔から強い風は病や悪い神も運んでくるとされていました。 でも、風鈴の音の聞こえる範囲だけは聖 >> 続きを読む

折水引 結び切り ピンク

折水引

人との心を結ぶ水引。 のし袋に付ける水引には、色や結び方など、さまざまな決まりごとがあります。 例えば、結婚と >> 続きを読む

おしどり夫婦のうつわ

おしどり夫婦のうつわ

おしどりのように仲良く、円満に。 おしどりの夫婦はとっても仲がいいそうです。 どのくらい仲良しかって? いつで >> 続きを読む

富士山のうつわ

富士山のうつわ

神の山に祈る気持ち 「一富士二鷹三茄子」と言うように、日本最高峰の霊山、 富士山は夢に見るとものすごく縁起のい >> 続きを読む

おかめひょっとこ

おかめひょっとこ

幸福を招く「笑い」。 「笑い」の絶えないところには、たくさんの福が訪れると言われます。 とにかくゲラゲラ、テー >> 続きを読む

おまもりぽっけ

おまもりぽっけ

大切な物を守る、大きなお守り。 商売繁盛、家内安全、無病息災、交通安全などなど、 寺社へ行くたびに欲しくなるお >> 続きを読む

箸置 結び

箸置 結び

人と人とを「結ぶ」デザイン。 
縁起がいいとされ、着物の柄などにもよく用いられる日本伝統の吉祥紋。 そのなかで >> 続きを読む